へっぽこエリデン日記#2 Void Opalが高値で売れるステーションへ、、、

こんにちは、CMDR kmGTRです。

前回は、Elite Dangerousを始めてから中断~再開そして採掘にはまるところを駆け足で書きました。

へっぽこCMDRのkmGTRが銀河系を小さく駆け巡る日記を始めたいと思います。書こう!と思ってから結構経ってしまったため当面は少し古いネタ...

今回は、採掘したVoid Opalを高値がついているステーションへ売りに行く旅について書きたいと思います。

採掘が終わってCeosのBrunel Hubへ戻ってきたところ

CeosのBrunel Hubを勝手に家だと思い込んでぬくぬくとしていましたが、Void Opalの相場を調べると本当にピンキリで、安く売るのはもったいないことに気が付いたkmGTR、便利ツールEDDBを使って高値のついているステーションを探しました。するとその時で唯一160万Crの値がついていたのはPleioneのStargazerというステーションでした。Ceosからは300Lyちょっとの距離です・・・大した距離ではないのですが、当時はまだエンジニア改造もしたことがないため、ちょっと気合がいるなぁという印象でした。

燃料を補給してさっそく出発します。(このころはまだスクリーンショットをジョイスティックにアサインしていないため画像少な目で)

道中、Universal Cartographicsで儲けようと、ちょっとだけ寄り道も。

10万Lsくらいありました。遠い!

あと少しというところまできて、Pleioneがプレアデス星団にあることを知りますw

Pleiades Sectorとあります。青白く輝き、うっすらとガスがかかっているプレアデス星団ですね。肉眼でも見える素敵な星団。
青白い!若い星ですね。

プレアデス星系では、青白いガスも目にすることができます。黒い部分は暗黒物質?

ゲームとはいえ、間近で見られるのは感動

さて、Pleione星系に到着して、Stargazerをロックしますが、この形は一体・・・見たことのない形状です。

それより、Non-Human Signal Sourceも初遭遇です。Threat 7ですって。

Stargazerにワープアウトすると、小惑星にステーションが作られている光景を目の当たりにしました。

Stargazerです。このタイプのステーションはほかにもあるのかな?
中はこんな感じ。

到着したので、さっさとVoid Opalを売ります。ちょっと時間はかかったけど、64t、合計1億Cr超えでとても満足wPleioneに到着してからステーションにワープアウトするまでに2回もFSDインターセプトされました。もしかしてThargoid?AX持ってないしどのみち戦闘装備ではないので必死で逃げました。

1億Cr越え!これで相場下がってたら泣くに泣けません

Universal Cartographicsでデータも売ります。すると、You are First to discover.という表示が。この表示が出たのも初めてだったのでうれしいですねw

これも初めて。

目的も果たしたし、Ceosに戻るか、ってことで出発します。

Stargazerの出口。小惑星の岩肌に、配線?配管?が生々しくていい感じ。

せっかく遠くまで来たから、近隣の星系にも寄り道してみようといってみると、これまた見たことのない形状のステーションに出くわしました。

何か伸びてる?

よくある多面体型のステーションですが何やら伸びています。なんでしょう?重力バランサーみたいなもの?それともThargoid対策の武器とか入ってるのかな?

外部視点で。

中は普通のステーションでしたが、とにかく突き出た4本のアームが異様でした。

なんかエヴァに出てきそうな絵面。

なかなか面白い旅になりました。AX武器とかそろえることができたらPleioneでTargoid討伐とかも挑戦してみようかな。

CeosじゃなくてSothisに帰還してみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする