へっぽこエリデン日記 #10 ちょっとそこまで・・・挫折編

こんにちは、CMDR kmGTRです。

Elite DangerousとVRの相性は最高レベルに良いわけですが、それは細かいところの作りこみの細やかさから生まれる部分もあるのでしょう。

ステーション見回してみるといろいろあるもので。ステーションにくっついてるコンテナ?だけでもなかなか面白い。

LXE Xavier From Parriz ターミナルを運営する企業らしいです
ROSS PROJECTILES ミサイルを製造するメーカーだそうです
Manticore マルチキャノンやキャノン、Limpetのメーカーらしいです

さて、いつもバブル周辺をうろついているだけなのですが、今回はちょっと旅に出てみようと思い立ったわけです。Elite Dangerous、宇宙探査ゲームです。探査しよう。

目的地は適当にここ。ステーションがあって、Coloniaほど遠くないところ。妥協しすぎ?でも早々と挫折するからどこでもいっしょなんですがね・・・

14000Ly…291ジャンプですよ。

さーて、旅に出ますか。

旅のお供はDiamondback Explorerで。一番距離飛べるからね。

旅をすると面白い星に出会えるのがいいですね。

縞々リング
これも縞々リング

けど、さっそくつらくなってきたので、寄り道する場所を決めます(早い

38ジャンプならまあすぐですね。たどり着くまで気力が続く限り子細に調べていきましょう…

地球の25倍質量で自転が0.5日。なのでちょっと扁平
細くて大きい輪っか

さて、立ち寄り地点に到着しました。Lagoon Sector FW-W d1-122のAttenborough’s Watchというアステロイドステーションです。やっぱこれかっこいいわ。ガンダム感を感じる。

止めました。そしてここまでの探索データを売ってみます。

2日ほどかけて移動したので採掘などと比べると効率がいいわけではないですが、なかなかいい金額になりましたね。

First Discover頂きました~

出発地点からは5000Ly弱移動してます。でも1/3。。。

あと11000Lyかぁ…

ここで挫折しましたw早すぎますかね・・・

とりあえず、First Discoverいっぱい取りたいので、何かで読んだ、ステーションから上下に行くとあまり人が行き来していないからいいよ的なのを信じて上のほうに移動してから帰路に就いたわけですが、なんか航路だったのか全然無くって辛いw

青くて綺麗
調子に乗って近づきすぎたり

そして早々と戻ってまいりました。

帰り道はこんな感じでした。

First Discoverもちょこっと。

今回の敗因はずばり、探索特化のDiamondback Explorerで向かったことでしょう。長旅をうまくやっていくには、単調ではやっぱり厳しくそれなりにいろいろできる船でないと難しいのではないかなと感じました。寄り道したステーションで少し仕事を請け負うにも、Diamondback Explorerでは荷物運びも採掘もできず、お金の寄付だけですからね(笑)

Twitter見てるとAnacondaでColoniaやサジAに行っている方を見かけました。次に長距離航行をしてみるならAnacondaとかの多目的船で、多少の戦闘もできるようにしたほうが何かとよさそうな気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする