Oculus Software 1.39(パブリックベータ版)入れてみました。

こんにちは。今回はOculusソフトウエアから設定の中にある「ベータ」タブから「公開テストチャンネル」をONすることで(現段階で)使用可能になる1.39をインストールしてみました。

公開テストチャンネルをONすると、Oculusソフトウエアのアップデートが始まり、更新されます。その後、Oculusソフトウエアを再起動するなどしたらOculus Rift SとOculus Touchの更新が始まります。

更新の流れは以前に記載したのと同じなのでそちらを参照ください。

こんにちは。Oculus Rift Sに種々の不具合解消のためのアップデートが来ましたね。さっそくインストールしてみました。 最初、...

前回よりもさらっと終わった感じです。

アップデート内容は以下の通りです。

Oculusソフトウェア、バージョン1.39


Dash
From the Dash Settings panel, you can now set your Passthrough session length to “unlimited,” which will make Passthrough visible while using Dash.
Guardian setup will now attempt to automatically detect the floor height for you. You can still manually adjust the height if needed.
When using the virtual desktop feature in Dash, the virtual keyboard will now automatically open when you select a text field.


Oculus Home
Your Home UI now includes a history of the Homes you’ve visited, in the Places UI section. Homes you’ve visited in the last 30 days can be visited again with a quick button press. You can clear out your history or opt out entirely in the Settings UI.
Never miss a Home reward pack again! Updated notifications now let you know when you have a reward ready to open. Also, notifications in Home have been redesigned to make things easier to read and understand.
Now you can use Home gateways to load directly into your favorite app. In addition to setting up destination gateways to your own home and your friends’ homes, you can now set up an app as a destination and use it as a simple and quick way to get into your favorite experiences.
Home now features a camera, accessible straight from the Home Menu. Look on the bottom for the camera icon, and open the camera to capture your favorite moments in your Homes or Homes you’re visiting. Take selfies, or screenshots, and find these images in your Documents/OculusHome/Camera folder.


Fixes
Fixed an issue where Dash could crash if you had non-Unicode characters in your username.


Note:
There is currently a known issue with 1.39 PTC that prevents it from working properly on Windows 7/8. If you are on Windows 7/8, please do not opt into the PTC at this time. If you already received the PTC update and are experiencing issues on Windows 7/8, please use the Oculus installer and perform a repair install to go back to the 1.38 release.

機能としてはDashとOculus Homeで改善があるようです。Guardian設定で床の高さをOculus Touchを使って測る必要がなくなるというのはVRニュースサイトにも掲載されていましたね。

Virtual Desktop時にテキストフィールドを選択すると自動的に仮想キーボードが開く、というのは使い勝手よくなるんでしょうか。自分は、ソフトの起動とか、設定忘れてたX52HOTASのプロファイル切り替えに使う程度なので・・・

少し、アップデートして使ってみましたが、以下の点は改善を感じました。

  • Oculus Touchトラッキングのヘッドセット至近距離での改善
  • パススルーの画像の安定

いつもはEliteDangerousをプレイしていますが今日は事情によりできないため、H3VRで試しました。

H3VR( Hot Dogs, Horseshoes & Hand Grenades )はこれです↓

https://store.steampowered.com/app/450540/Hot_Dogs_Horseshoes__Hand_Grenades/

スコープを覗くときに右手が近くなった際、トラッキングを失って変な挙動をすることが多かったのですが、それはほぼ改善されました。CV1のアウトサイドインではもちろん問題になりませんでしたが、ヘッドセットにカメラが内蔵されたインサイドアウト方式だと、カメラに近い場合ピンボケしてトラッキングを見失うんですね。かなり許容は高くなったのではないかと思います。

もう一つ、パススルー画像の安定ですが、前回のアップデートで改善されたといわれていたようですが、自分は変わったと思いませんでした。でもこの1.39では、明確に良くなったと感じました。画像が揺らめいている感じがかなり減って、鮮明とまではいきませんが外部を確認するには十分きれいに見えるようになったと思います。

こうやってソフトの改善だけでかなり良くなるというのは、まだまだハードウエアとしては可能性を秘めたものである、ということがうかがえます。最初からこのクオリティで出てたらもっと話題に上がることもできたのかもしれませんが、Valve IndexやHTC Vive Focus、Vive Cosmosなど他社の新製品も続々と登場しているので早く出さざるを得なかったのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする