へっぽこエリデン日記 #7 Diamondback Explorerが評判いいらしいので

こんにちは、CMDR kmGTRです。

どうしてもElite Dangerousのプレイを優先してしまってブログが疎かになってしまいます。もっと言うと、VRメインのブログにするつもりがElite Dangerousメインのブログになっています。VRネタってあるようで意外とないものですね・・・というか、現状他の機種にあまり興味がないのもあるのかも知れません。

そんな状況なので現実とブログの時間差が開きつつあります・・・今回はタイトル通りDiamondback Explorerを買うお話です。

Void Opal採掘は確かに儲かるのでいいのですが、そればっかりやってるとなんでこのゲームやっているのかよくわからなくなりますので、たまには違うことをやってみようと思い始めるのです。

そこで、Diamondback Explorerが使い勝手がいいと目にしたので早速買ってみることに。

サクッとね

装備も整えておきます。

そして手持ちの素材で可能な限りのFSD改造を施しますと・・・

なんとジャンプ距離はいきなり50Ly超えてきました。びっくり。

Diamondback Explorerを入手してから、探索がずいぶんと楽になりました。うまくプレイできる人はエンジニア改造+FSDインジェクションで大型船でも余裕で航行したりするのかもしれませんが・・・

まあ、とにかくこの船のおかげでいろんなところをめぐることができるようになったのは間違いありません。300Lyが近場になります。

もう経緯は忘れましたがブラックホールも初めて見ることができました。

ただ・・・Twitter見てて流れてくるブラックホールはもっと壮大ですごいのが多いぞ・・・これはものすごく小物なんじゃないかと・・・

ま、近づいたときになんか全体的に色も変わって見えたし、これは赤方偏移でもしているってことなのかな?ブラックホールまで350kmの地点まで近づいたけど、事象の地平面はかなり小さいっぽいですねぇ、、

ちょうどイベントホライズンテレスコープが話題になった訳で、タイムリーなネタを楽しめた感じですwいつかはイベントホライズンテレスコープが観測した銀河の中心部に存在する超巨大ブラックホールも見てみたいものです。

遠距離を気軽に飛べるようになったので、SRVを積んで惑星や衛星の探査もできるようにしてみます。

そして適当な惑星に着陸して探索開始します。とりあえず、エンジニア改造のために元素系の素材を探します。

じつはほとんどSRVでのプレイはしていなかったので、VRでのプレイは乗り物酔いほぼしないにもかかわらず酔いましたw
SRVを動かして、停車したときに体が前のめりになるんですよw飛んでるときは何でもないのにSRVだけは慣れるのに時間がかかりました・・・

残骸見つけたり

素材が含まれる石を見つけて、割って回収したり・・・

そうして30分以上経過したころ、見たことない名前の石を発見します。Metallic Meteorite、とあります。初めて見るので、これはレアでは?と何となく感じます。タレットを出して、割った直後に・・・

は?

意味が分かりません。固まりました。自分が。実際に2,3分ほど放心状態になりました。自宅ネットワークなのかもしれませんが、正直慣れないSRVで少しVR酔いしていたところにレアっぽい石を見つけた直後だったので、怒り心頭です(涙)実際、Metallic Meteoriteはレアのようですね。High Metal Content Worldでないとなかなか見つからないとか・・・

ログインしなおせましたが、もちろんMetallic Meteoriteは見当たらず、その後少し走り回りましたが見つけられず・・・もうね、嫌になりましたよ。。。

さすがに、VR酔いもあって意気消沈しました・・・この出来事以降、SRVは必要最低限しかやらないと心に決めたのでした・・・。

遠距離探査してると着陸してみたくなりますけどね。ほどほどにしておきます。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする